Tuesday, August 13, 2013

MEMENTO MORI

 
(photo by HIROYA

今回の扉絵は私のお客様の優ちゃん。
ご本人の許可を取って掲載しております。
でも許可を取ったのは5年以上前です。5年前、 彼女は亡くなりました。19歳でした。
(photo by HIROYA

彼女のタトゥーに似せて、タトゥーを彫りたいとお母様にご来店頂きました。
お葬式以来の再会でした。
やっと彼女の死を受け入れることが少しずつ出来るようになったとおっしゃっていました。
悲しみから、ちょっとずつ前向きに生きて行こうとしているご様子が伺えました。

初めは同じタトゥーを、とのことでしたが、お母様はファーストタトゥーですしサイズ的に大きいので小さく同じようなデザインにと提案させていただきました。
優ちゃんも、『お母さん真似したでしょ!』って怒りそうだよね、という話に(笑)

左がお母様、右が優ちゃんのタトゥーです。
お母さんのタトゥーの方がじょうずになってる!って怒られそう(笑)
5年以上も経ってるから許してね、優ちゃん。

お母様、ありがとうございます。そのうちお店に顔出させていただきますね!!
HIROYAさんでも誘ってみます(笑)



これは彼女が亡くなる何ヶ月か前に最後に彫ったタトゥー。
一緒にデザインを考えて、色んなお話をしました。
私のお友達の紹介で来たので、一緒にご飯を食べに行ったり、恋話や、悩んでる事を相談してくれたりもしました。
リストカットの痕を隠すようにタトゥーを入れて、『嫌いだった腕が、大好きな腕になったよ、ありがとう!』と笑った彼女の顔を今でも昨日の事のように覚えています。
かわいいし、色んなセンスがあって、すごく魅力的な子でした。
生きていれば24歳、大人になった彼女と、もっと色んなお話がしたかったです。

10代から20歳前後って、色んな悩みに襲われる時期ありますよね。
25~30近くなってくれば、色々吹っ切れるんじゃないかなって、思うんですけどね。
その吹っ切れるとこまでが、難しいんでしょうね。
もがいて、もがいて、這い上がれない子もいるよね。
でも、時間が経てば意外とあっさり抜け道見つけることが出来たり、良くも悪くも器用になってきたり、、真っ黒な心をすこしずつ白くしていってくれる誰かに出会えたり、、、?

長く生きていけば、何とかなるもんです。だいたいね。
私もまだまだ若輩者なんで説得力無いかもですがw

だから、生きて行ってみましょう。
頑張れる人は、頑張って、頑張れない人は、すこしずつ上を向いて。
死んだらな~んにもなくなっちゃいます。残るのは思い出と、友人、遺族の無念のみです。
哀しい事だけです。
生きてれば、いいことあるってよくいうじゃないですか、ソレ経験してみるまで頑張ってもーちょっともがいてみるのも、死んでしまうよりは悪くないと思います。

愚痴はいたって、ネガティブだっていいんです。
下があるから、上だってあるんです。

なんか纏まらなくてすみません。
文章書くの苦手なんです。でも珍しく真面目に長文、、、

みんながハッピーとまでは言わないけど、辛くないといいなって思います。
、、、うわー、なんかネガティブ発言(笑)
なんだろこのタイミング、、、お盆だからかな?




DETROIT DIESEL TATTOO WORKS(世田谷)
世田谷区南烏山4-21-1下山ビル2F(京王線 千歳烏山駅徒歩5分)
TEL・ FAX 03-6750-1969
info@detroitdiesel-tattooworks.com
http://micatattoo.blogspot.com/
http://detroitdiesel-tattooworks.com/
http://www.myspace.com/micatattoo
Mica Tattoo Portfolio
https://picasaweb.google.com/101329792888100748367/MicaTattooPortfolio#

No comments:

Post a Comment